青の花茶をおしゃれに飲んで美しく痩せる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
青の花茶  アイキャッチ悲しむ女性

ストレスでドカ食いしてしまった・・・

ダイエットしているのについつい甘いものに手が伸びる・・・

好きな人から太った?と言われてしまってショック・・・

そんな経験はありませんか?

 

ダイエットVSストレス

青の花茶  ライバル

ダイエットは、とてもストレスが溜まってしまいますよね。

思わず食べてしまったり、好きな人からの一言が原因で自暴自棄になって暴飲暴食してしまった・・・

なんてことを経験したことがある方もいるのはないでしょうか?

実は、このストレスはダイエットの天敵なのです。

どのようなことが体に起こるのでしょうか?

 

体のめぐりが悪くなる

ストレスを受けると交感神経が刺激されてしまい、血管が縮んで血流を悪くします。

血流が悪くなるということは体のめぐりが悪くなるので、体に必要な栄養素や酸素が十分に行き渡らなくなるような状態を作り出してしまうのです。

これによって基礎代謝の低下も招いてしまいます。

 

太りやすくなる

それ以外にもストレスで太ってしまう原因にコルチゾールというものがあります。

コルチゾールはストレスを感じると分泌されるのでストレスホルモンとも呼ばれるのですが、これによってインスリンが多く分泌されるようになります。

するとインスリンは血中の脂肪細胞を取り込む働きがあるため、必要以上にインスリンが分泌されてしまうと体脂肪を増やしてしまう原因になるのです。

 

食欲を抑えられなくなる

それだけではなく、ストレスを感じると睡眠とも関係の深いセロトニンの分泌が減ってしまいます。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、幸福感を感じる要因でもあります。

幸福感を感じにくくなると、美味しい食べものを摂取しようとして脳が指令を出します。それによって、食欲が抑えられない状態が作られてしまうのです。

ストレスによるドカ食いは、体がストレスからあなたを守るためのシステムの一つということになるのです。

そこで、ストレスフリーでダイエットにアプローチできる青の花茶が最近注目を集めています。

 

青の花茶の効果や特徴は!?

青の花茶  青の花茶 

青の花茶は、ノンカロリー、ノンカフェイン、ノンシュガー

「辛い運動はなし」「3食食べて大丈夫」「コスパも嬉しい」といった特徴のあるダイエットティーです。

美容業界で話題バタフライピーをブレンドした天然のオリエンタルブルーのお茶であり、美味しいほのかな甘味が特徴です。

青い色のお茶だと「合成着色料が入っているのじゃないの?」と心配になったり、「甘さがあると太りそう!」と心配になってしまう方もいるかもしれませんが、天然由来の成分のため安心して下さい!

 

甜茶

甜茶(てんちゃ)には抗アレルギー効果が期待できるとされています。

古くから体質改善などの目的で漢方にも使われていて抗炎症作用もあります。

青の花茶がほのかに甘くて飲みやすい理由は甜茶の天然の甘みがあるためです。

 

バタフライピー

バタフライピーは、ハーブ花で和名は『蝶豆・ちょうまめ』と言います。

アンチエイジング成分としても有名な抗酸化物質ポリフェノールの一種である『アントシアニン』をたくさん含んでいるため、高い抗酸化作用を持っています。

さらにはリラックス効果、また眼精疲労回復の効果も抜群!

バタフライピーはタイを代表するハーブ花の一種で庭でも育てられているくらいタイでは親しまれている花です。

タイ語では「アンチャン」と呼ばれていて、お茶や料理に使用される以外にも、美髪や抜け毛予防効果も期待できるため、シャンプーや毛染めなどさまざまな用途に使われています。

お茶の青色正体は高い抗酸化作用を持つ『アントシアニン』の色です。バタフライピーに含まれている『アントシアニン』がこの青色を出しているため、人工で作られたものでなく、天然の成分なのですね。

 

アマチャヅル

アマチャズル(甘茶蔓)は、ストレス対策に良い植物であり、カテキン同様に健康効果を持つサポニンを高麗人参より多い70種類も含んでいます。

体のめぐりをサポートしてくれる成分です。

 

メグスリノキ

メグスリノキ(目薬の木)は世界中で唯一日本にだけ自生する植物です。

目と肝臓だけでなく、動脈硬化などの成人病の予防にも効果的とされており、「樹皮、幹、葉」いずれにも健康成分を含んできる植物です。

 

ラフマ

ラフマ(羅布麻)は中国原産の植物です。

古くから葉の部分がお茶として利用されてきました。

コレステロールや血圧を下げる効果、また抗菌作用やモヤモヤを緩和してくれる効果があります。

青の花茶は見た目の鮮やかなブルーの色なので、心配する方もいるかもしれませんが、実は含まれているのはすべて天然のものなので安心して飲めるお茶なのですね。

 

飲み方はどのように飲むの?

青の花茶  青の花茶イメージ

アイス、ホットどちらでもお飲みいただけます♪

たくさん作ってゆっくり楽しみたい方は、ティーポットに1パック入れて沸騰したお湯を注ぎ蓋をしてから2〜5分ほどお好みの濃さに合わせて飲んで下さい。

オフィスなどで楽しみたい方は、ティーカップに1パック入れていただき、同様に1〜3分ほど置いてお好みの濃さで飲んで下さい。

アレンジとしては、生オレンジジュースを絞って入れたり、豆乳で割ったりジンジャーを少量入れたりするのもオススメですよ♡

寝る前には青の花茶でリラックスタイム

青の花茶  お腹をおさえる女性

朝から摂取カロリーを考えて、朝・昼・晩しっかり食べる量を減らしていたのに、寝る前にお腹がすいて眠れない…という経験がある方は多いはず。

ダイエット中で夕飯を減らしていると、寝る前にお腹がすいちゃうこともありますよね。

『青の花茶』は甘くて満足感があり、青い色でリラックス効果も♡
寝る前でも安心して飲めます。

甘くて満足感が得られるだけでなく、リラックス効果が期待できる青の花茶は寝る前に飲むのもオススメです。

青の花茶  飲むだけスッキリ

ハーブの成分にストレス解消効果が高く、鮮やかな青色には心を落ち着ける作用があるとされています。

青の花茶はノンカフェインなので、寝る前に飲んでもコーヒーなどのように睡眠に悪影響を及ぼす心配も少ないといわれています。

青の花茶をもっと楽しく!美味しくアレンジレシピ

 

☆レモンやライムを絞る☆

青の花茶  レモンティー

レモンウォーターや、レモンティーのようなさっぱりとした味になるので、美味しく飲めますよ。

さらに、ソーダ割りや、蜂蜜を入れたりすれば、アレンジの幅も広がります♪

 

☆フレッシュオレンジティー☆

青の花茶  オレンジジュース

オレンジ果汁を入れることで、甘みと酸味のバランスがちょうどよくなり、美味しく飲むことができるそうです。

オレンジティーは氷をたっぷり入れてアイスで飲むのがオススメです♪

 

☆ソイミルクティー☆

青の花茶  アイスカフェラテ

豆乳を入れるのであれば、青の花茶は濃いめで入れておくのがオススメ♡

豆乳を入れたグラスに5分以上じっくり蒸らした青の花茶をゆっくり注げば、「夏らしいブルー×ホワイト」のコントラストが美しい2層のミルクティーが完成♪

アイスでいただくのがオススメです♪

 

☆ジンジャーティー☆

青の花茶  生姜の紅茶

身体を温め、代謝アップに抜群な効果!

ジンジャーティーを作るときは、すりおろした生姜を電子レンジで軽く加熱してから加えるといいでしょう!

ソーダで割ってジンジャーエールのようにアイスで飲んでも美味しいです♪

そのまま飲むならホットがオススメ!
ノンカフェインで身体が温まるので、寝る前のリラックスタイムにも♡

 

青の花茶をお得に購入!

青の花茶  青の花茶購入

今ならラクトクだと、初回980円でお得に始められます。

ラクトクコースに申し込む最大のメリットは、初回購入額82%オフで購入!

通常5,680円(税抜)のところ、ラクトクコースに申し込めば1袋980円(税抜)で購入することが可能です。

2回目以降も19%OFFと、かなりお得に購入できます!

万が一体に合わなくても30日間の返金保証がついているので安心感が違いますね。

▼▼▼【青の花茶】のお試しはコチラ▼▼▼

リ青の花茶

>>>【青の花茶】をお得に買うなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。