隠れ肥満「正体」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
隠れ 肥満 アイキャッチ

体脂肪と体重の関係って気になるよね?
痩せているけど「肥満型」って言われた・・・

正しい測定法で調べてみて自分が、「肥満型」なのかを知ることって大事。
気になる「隠れ肥満」を探ってみよう!

見た目は細いのに肥満ってなんで?

隠れ 肥満

見た目も細く、体重も軽いのに体脂肪率が高い人を「隠れ肥満」と呼んでいます。
痩せていても筋肉が少ないと体脂肪率が多くなります。

体脂肪のつき方により肥満の体型が違い、大きく2つに分かれます。

上半身肥満 (りんご型肥満) →腰部を中心とした肥満で、男性や更年期以降の人に多い。
痩せてみえてもお腹がでている。

②下半身肥満 (洋梨型肥満) →お尻や太ももを中心とした肥満で女性に多い。

上半身の肥満の特徴として「皮下脂肪が蓄積された肥満」「内臓脂肪型肥満」
2つに分類されます。

がんこな「内臓脂肪型肥満」さん。

どんな人につきやすいかと言うと、運動不足でお腹のでた中高年の男性に
「内臓脂肪型肥満」が多いと言われています。

内臓脂肪は、胃や腸の周辺についた脂肪のこと。
臓器を守る働きがあるのですが、多くつきすぎると内臓に付着し (血糖値・総コレステロールを上げる・中性脂肪を高める) 色んな疾患を引き起こすことになります。

「皮下脂肪」は一度つくとなかなか離れない特徴があり「内臓脂肪」はつきやすくても
運動で凄く消費しやすい特徴があります。

肥満の基準ってあるの?

体重が重い=肥満 ではありません。

「肥満」とは「太っている」ではなく、体脂肪が多いことを言います。
体重が少なくても体脂肪が多ければ「肥満=隠れ肥満」となります。

肥満を判断する方法とは?

①格指数法

・「標準体重」よりどれだけ体重が多いかで肥満を判定するもの。
ブローカの桂変法、カウプ指数など従来使われてきた方法になります。

それぞれ、標準とされる数値がさまざまであり単に大人数の集団の平均値をとったものが多く、正確な数値とは言いにくい。体脂肪も反映されないなどがある。

②BMI法

BMI=身長<m>÷身長<m>×22<kg>

日本肥満会でも、この数値を標準体重としています。

  • 18.5以上25未満は普通
  • 25以上を肥満
  • 22前後は病気にかかりにくく死亡率が低いとされています。

※しかし、この判定法は考慮されていないので筋肉が多く体重が多い場合も肥満となる可能性があります。

③エスト・ヒップ

ウエスト・ヒップ比=ウエスト(㎝)÷ヒップ(㎝)

欧米などで使われる方法で、ウエスト・ヒップのサイズ比を目安とするもの。

【肥満数値】
男性・・・1.0以上
女性・・・0.8以上

※ただし、体系の違う日本人は、1.0以上が要注意。1.2以上で危険レベル
言われています。

また、ウエスト。ヒップ比に関係なく、ウエストサイズが女性で90㎝。男性で85㎝を超えると上半身肥満の可能性があるとする。

④脂肪測定法とは?

成人男性で25%以上。成人女性で30%以上が軽度の肥満とされています。

体脂肪を測定するとき、体内の水分量が多いときは体脂肪が低く、発汗後水分が少ないと高めになることから、内臓脂肪の量が測定しにくいことがある。

人の体は、約60%が水分となり、次に脂肪組織、骨・筋肉となります。

皮下脂肪厚法

キャリパー(皮脂厚計)という器具を使い、皮下脂肪を挟み厚みから肥満度を判定する方法。簡単法だけど、皮膚のはさみ方や技術が必要となり、測定時の姿勢も重要となる。

判定法によっては誤差が出やすく皮下脂肪の厚い人は測りにくく判定結果にバラつきあることがあります。

水中体重法

・体脂肪と他の密度の差を利用して体脂肪を求める方法となり、大きな水槽の中で全身を沈めて測る方法。

数値の信頼性は高いけど、特殊な機械が必要となる。
本人への負担大きいことから簡単方法ではないことが言えます。

体脂肪計

ごく一般的方法となり、体脂肪測定つきヘルスメーター・両手で握って測るタイプのもの。※(筋肉や水分は電気を通し、脂肪が電気を通さないしくみとなる)

体内に微弱な電流を流し測定する方法となります。
体脂肪測定法は他にも、近赤外線法・X線・CTスキャン・超音波などを利用して調べる方法もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。