ダイエットしてるからアルコールは飲まない!それって本当に意味があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アルコールとダイエット アイキャッチ

ダイエット中だから「アルコールもストップ」と我慢するより、たまには息抜きに飲む日があっても大丈夫。ストレスを感じてしまうとダイエットも長続きはしないもの。

適度なアルコールは血行もよくなり体をリラックスさせてくれます。

ダイエットをしながらアルコールと上手に付き合っていくための注意点をご紹介したいと思います。

アルコールのエネルギーと分解

肥満女性

お酒に強い弱いに関係してアルコールを解毒分解する機能に差があります。

人に寄ってお酒の分解能力が異なるので、自分の適量を知ることが大切になります。
どれくらい飲んだら自分でコントロールが効かなくなってくるのかを知っておきましょう。

アルコールの分解や解毒に時間がかかると太る原因になるので飲み過ぎないことが重要です。

アルコールのエネルギーは1gあたり7calとあり栄養は何も含まれません。
筋肉としてはすぐには使われないので、脂肪としてつきやすいです。

アルコールが分解されるところは肝臓ですが、アルコールを大量にのむと分解処理に追われることになります。

そうなると、タンパク質の合成、炭水化物の代謝など肝臓の大事な機能を弱めてしまいます。
アルコール分解の働きで脂肪の合成が促進され肝臓に脂肪がついてしまうマイナスな点もあります。

アルコールとおつまみ

お酒を飲むと食欲が増進し目の前の食べ物をたくさん食べてしまう。

居酒屋などに飲みに行くと、お酒に合うおつまみで、揚げ物、肉料理など高カロリーなたべものが多いですよね。

そして恐ろしいほど最強なのが締めのラーメン!

お酒を飲むといつもより食べすぎてしまうのは、アルコールを分解するのに肝臓が働きすぎて、血糖値のコントロール機能が低下してしまうのです。

本当はたくさん食べてお腹いっぱいのはずなのに物足りなくて、締めの炭水化物を食べてしまいます。
それがさらに摂取カロリーを増やしているのです。

高カロリーなたべものと組み合わせることで脂肪としてつきやすくなります。

アルコールで太る原因

お酒を飲むと太ると言われているのはカロリーが高いから。

お酒のカロリーについて調べてみると、どの種類のお酒もそれなりのカロリーがあり、たくさん飲めば当然カロリーオーバーで脂肪として蓄積されると思ってしまいますね。

ダイエットをしているとつい気になるのがカロリー。
カロリーの高い物を避けながら体重を落とそうとします。

実は、お酒に含まれているカロリーは「エンプティカロリー」といって脂肪になりにくいカロリーなのです。

お酒を飲むと顔や体がカーッと熱くなる現象。
それはお酒が体に吸収されて熱を発しているから。
お酒は体に吸収されてもすぐに熱に変わるため、脂肪になりにくいというわけです。

アルコールはエンプティカロリー言いますが、ではお酒はたくさん飲んでも太らないということになります。

しかし飲み過ぎてしまうと太る原因を作りますので注意が必要です。
それは体の機能が関係しているからです。

アルコールを摂取するとそれを優先的に分解しようとするのですが、体に残っている食べ物に関しては消化吸収が後回しになってしまいます。

とくに甘いお酒には要注意!

女性が大好きな甘口のカクテルのベースとなるリキュールには砂糖がたくさん使われています。

これを何杯も飲めば当然の取りすぎになり、糖質はいずれ脂肪として蓄積されて太る元になります。

飲むカクテルの種類によっては糖質を多たくさん含んでいる物があるのでお酒がエンプティ―カロリーでも、糖質の取りすぎで太りやすくなるのです。

1日のアルコールの適量な目安

  • ビール(540ml)約中ビン1本・216cal(度数4.5%)
  • 焼酎(100ml)約コップ1/2杯・146cal(度数25%)
  • 日本酒(160ml)約1号弱・174cal(度数15.5%)
  • 赤ワイン(210ml)約グラス2杯・153cal(度数11.5%)
  • ウイスキー(60ml)約シングル2杯・142cal(度数40%)

アルコールとトイレ

お酒ばかり飲みつづけていると、その消化吸収が追い付かなくなります。

少しでもアルコールの分解や吸収を追いつかせるため、お酒を飲んでいる途中で水やお茶を飲むようにするといいですよ。

アルコールには利尿作用があります。
解毒分解されてから水分とともに排泄されるので水分量が不足すると分解解毒機能が低下してしまいます。

水やお茶で補うことでアルコールの解毒を助けてくれます。

アルコールを飲むと尿の量も増え、水溶性ビタミンの(ビタミンB群・ビタミンC群)が大量に放出されます。
ビタミン不足にならないようにアルコールを飲んだときはビタミンの補給も大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。