メディパラソルを使って紫外線対策!?驚きの日焼け止め効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
日焼け止め 紫外線 アイキャッチ

紫外線はお肌の大敵!
「あなたはどんな紫外線対策をしていますか?」

日焼け止めを塗っている?美白効果のある化粧品を使っている?

日傘をさしている?UVガードの手袋をしている?サンバイザーを欠かさない?

どれも紫外線を予防するためには有効な方法です。

日焼けがシミやソバカスなど皮膚の老化現象は引き起こす大きな原因になります。

日焼け止めが重要な理由

紫外線とは、肌の老化をもっとも早める最大の原因といわれています。毎日のスキンケアで「紫外線をブロック」して肌を守りましょう。

日焼け止め 紫外線 紫外線イメージ

「紫外線はお肌の敵」ということは分かっていても、正しい紫外線対策ができている人はまだまだ少ないのが現実です。

紫外線は目に見えるものではなく、影響がすぐに肌にあらわれてこないという理由に、お手入れ不足の原因にあるのかもしれません。

日焼け止めは、この紫外線から肌を守ってくれる大切な役割をしてくれます。

【紫外線は肌トラブルのもと】

紫外線が肌に及ぼす悪影響は日焼けだけではありません。

【肌の乾燥をまねく】

夏なのに肌のうるおいが足りないと感じたことはありませんか~?

その原因は知らず知らずのうちに紫外線で肌が乾燥しているためです。

日焼け止め 紫外線 潤い顏

紫外線をほんの、20~30分当たっただけでも肌の水分量は減少するというデータがありますが、30分程度の時間というと、通勤やジョギング、洗濯物干し、買い物など朝のちょっとした時間と同じくらいになりますね。

もしもこのときに日焼け止めを塗っていないと、その数十分の間にも肌へのダメージはどんどん受けるということになります。

肌の水分量が低下すると角層の細胞が成熟しにくい肌環境となり、バリア機能の低下を引き起こし、ますます乾燥肌に変化していきます。

角層内には乾燥した細胞が増えキメも乱れ、その肌荒れが原因となり紫外線による黒化・炎症が起こりやすくなります。

【シミ・ソバカス】の原因に!

日焼けをすると肌内部でメラニンが生成されます。人の体は紫外線から肌を守る目的で
「メラニン作れ!」という指令をだします。

日焼け止め 紫外線 顏の乾燥

悪循環を断ち切る 何か対策をしないと シミは増え続けることになります。

この悪循環こそ、メラニンを肌へ根付かせてシミやそばかすの原因となるのです。

【日焼け止めの選び方のポイント】

日焼け止めを選ぶ際に気をつけて選ぶポイントとは!

ポイントに気をつけることにより、夏の日差しにも負けない最強の日焼け止めを手に入れられるでしょう。

【SPF/PA】

ここではSPFやPAの詳しい説明は避けますが、SPFやPAという値が紫外線カットの性能を示しています。

日焼け止め 紫外線 アネッサ日焼け止め

「絶対に焼きたくない人」「炎天下の中でスポーツなどする人」
 PA +++ ~++++/SPF 50の商品がオススメになります。

「日常生活の中で過ごすくらいの」人は日焼けを予防するくらいでPA ++/SPF 20で十分でしょう。

数値が高いほど日焼け止めの効果が強く、肌への負担も大きいです。

常に高い数値のものを使うのではなく、「強い紫外線を浴びるときは高い数値のもの」「日常生活であれば低い数値のもの」と使い分けることが最もよい使い方になります。

【ウォータープルーフ】

夏はやっぱり海にプールにレジャーの季節。日焼け止めが大活躍!せっかくムラなく塗った日焼け止めも大量にかく汗で、これらの水分で落ちてしまっては意味がなくなってしまいます。

日焼け止め 紫外線 ウォータープルーフ日焼け止め

そんなときに大活躍なのがウォータープルーフの日焼け止め。

ウォータープルーフとは、防水性や耐水性を持ち、水や汗に濡れても落ちにくい成分を含んでいる製品を指します。

炎天下でのスポーツ、海やプールなどであればウォータープルーフの日焼け止めがオススメになります。

今は「スーパーウォータープルーフ」という通常のウォータープルーフよりもさらに汗や水分に強い商品が出ていますので、真夏の炎天下での長時間のスポーツ、海やプールには非常にオススメです。

【成分】

日焼け止め効果が高くても、お肌が荒れてしまうのは悲しいですよね。

購入時には日焼け止めに配合されている成分はしっかりと確認するようにしましょう。

日焼け止め 紫外線 日焼け止め成分

「エタノール」「BHT」などは刺激が強い成分ですので肌の弱い方は避けた方がいいです。

ちなみに、お肌の回復を助ける優しい成分「パンテノール」は、ダメージを受けてしまった肌などへの使用が効果的です。

【使用感・使い心地】

日焼け止めと言っても、その使用感や肌へのなじみ方はそれぞれ異なります。

つけた瞬間に肌を覆うように重く、圧迫感を感じる日焼け止めは、毎日使うことを考えるとマイナスポイントですよね。

つけてすぐにサラサラになるものや、伸びが良いものを選ぶと、比較的圧迫感がなく軽くて、つけ心地がいいです。

購入前に口コミなどで確認するといいですね。

また名前に
 「ウォータリー」といった成分が入っていたり、みずみずしさを強調している日焼け止めは、さっぱりと使用できるタイプが多いので覚えておいて下さいね。

【タイプ】

日焼け止めにはいろんなタイプやテクスチャーがあります。

タイプごとに特徴や使い心地・持ちなどが違ってくるので、自分の好みに合わせて選ぶようにするといいでしょう。

それぞれのタイプの特徴を軽く説明しますね。

ローションタイプ

ローションタイプの日焼け止めは、化粧水のようにサラサラで伸びがよく、非常に塗りやすいのが特徴です。

日焼け止め 紫外線 ローションタイプの日焼け止め

ただ汗などで流れやすいのが欠点になり、海水浴などレジャーでたくさん汗をかく場面での使用は避け、ウォータープルーフをオススメします。

クリームタイプ

クリームタイプの特徴は、保湿力が高く”落ちにくい” ことです。

日焼け止め 紫外線 クリームタイプ日焼け止め

日焼け止めを使うと乾燥してしまうという方も安心して使用できます。

商品によっては塗った後にベタベタ感じてしまうこともあるので注意が必要です。

ニキビに悩んでいる方は、油分を多く含む日焼け止めですので避けた方が良いでしょう。

また、ローションタイプに比べて、伸びが悪い商品も多いので、口コミなどでチェックしてみるといいですね。

スプレータイプ

スプレータイプの良いところは、日焼け止めを塗る手間が省けるという点です。

さっと一吹きで日焼け止めが塗れるので、忙しい朝や、急な外出やお出かけにも持ってこいの日焼け止めです。

日焼け止め 紫外線 スプレータイプ日焼け止め

また商品によってはヘアーにも使えるタイプもありますのでうれしいですよね。

しかし簡単なスプレータイプなのでムラ残しには注意が必要になります。

ジェルタイプ

ジェルタイプの日焼け止めの特徴は、伸びがよく肌なじみがいい点です。

日焼け止め 紫外線 ジェルタイプ日焼け止め

簡単に塗ることができるので、男性や日焼け止め初心者にオススメです。

クリームタイプと比べて、べたつかない点も使いやすいですね。

パウダータイプ

パウダータイプの日焼け止めは、ファンデーションとしても利用できるとても便利なタイプです。

日焼け止め 紫外線 パウダータイプ日焼け止め

もちろんクリームタイプやエッセンスタイプ (日焼け止め効果のある美容液のようなタイプ) 一緒に使用することもできます。

パウダータイプの日焼け止めは、刺激が少なく肌に優しい商品が多いのも特徴です。

そして・・・「飲む」日焼け止め!

最近、美意識の高い女性に話題を集めている第人気商品、「飲む日焼け止め!」

日焼け止め 紫外線 飲むタイプ日焼け止め

100%植物由来で作られていて、受けてしまった紫外線ダメージも対策できる、飲むだけで手軽に紫外線対策ができる日焼け止め。

その名も “メディパラソル“紫外線対策サプリメントです。

「私は日焼け止めを塗っているし、日傘やアームカバーでガードしているから、紫外線対策はバッチリ!」と思っているあなた。それは大きな勘違いかもしれません。

それに、24時間365日きちんと日焼け止めを塗っていますか?

紫外線は、夏だけではなく一年中、曇りでも雨でも降り注いでいます。
しかも、ガラスや布も通過するって知っていますか!

外からの対策だけで大丈夫と思っている方は要注意。

そうして浴びた紫外線は、シミやシワの原因になってしまうのです。

つまり、外からの対策だけでは紫外線は防げません。

内側からのケアが大切なんです。

【内側ケアってどういう事!?】

紫外線には【UVA】と【UVB】の2つで成り立っているのを知っていましたか?

【UVA】とは紫外線の95%を占めて、浸透する力が強く肌の真皮にまで達します。

【UVB】とは表皮まで届きますが、日焼け止めクリームのケアで対処ができます。

つまり、紫外線を防ぐためには、外側のケアだけでは十分にできないと言えます。

【飲むからできる紫外線対策】

●内側からサポートするから全身対策が可能
紫外線ケア成分が栄養素として摂りこまれえるので塗りにくい部分でも紫外線対策ばっちり!

●汗や水で流れ落ちないので、何度も塗り直さなくていい
塗るのではなく飲む紫外線サプリなので汗や水などで塗り直しの手間もありません。

●24時間全身サポートで、うっかり焼けもカバー
うっかり塗り忘れたということもなく24時間サポート。体の一部になります

●日焼け止めの塗り過ぎによる負担も軽減
 ベタついたり白浮きしたり、洗い流すためにごしごし擦る必要もありません。

これからはメディパラソルで「飲む紫外線対策」をしませんか?

▼▼▼日焼け止め「メディパラソル」のお試しはコチラ▼▼▼

日焼け止め 紫外線対策 バナー

>>>メディパラソルをお得に買うなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。