素肌力UP!齢に負けない美肌を手に入れよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
美肌ケア 年齢 アイキャッチ

肌の美しさが決めて!年齢よりも若く見える!

流行のメイクを雑誌でチェックしたり、新しい色の口紅やアイカラーを試してみるのは本当に楽しいひと時です。

しかし、現実にはある年齢になると自分の姿を見るのが楽しくなっていくのが女性の本能なのでしょうか。実はそれがお肌の老化が出始める25~30歳ごろなのです。

頬のシミや目の下のクマを見つけて気分が憂鬱になっていくのです。
また、肌の美しさが見た目の年齢を決め「30代にしか見えない」とか言われている女性はお肌がツヤツヤしてとてもきれいなのです。

メイクでごまかすより、素肌のケアしっかりと行い美肌を手に入れることが重要なのです。

肌の老化と戦う!素肌力をつけよう

美肌ケア 年齢

では、美しい素肌を手に入れる為にはどうすればよいでしょうか?それは専門的な知識で皮膚を知り、正しいスキンケアを行えばよいのです。

多くの化粧品が存在する世の中、毎年あらたな商品を売り出すためCMや広告で女性の美への興味を引き出し魅了していきます。

しかし、どんな化粧を使っても肌が特別変わるわけではありません。洋服を売りだすようなイメージで化粧品を販売しているだけなのです。

正しい知識で肌を理解していれば「今年の美肌はこれで決まり!○○で美しくなろう」といった広告に興味を持つことなくお金や時間を無駄しなくて済みます。

3つの肌構造が美肌を支える

間違えたスキンケアでは美しい肌をつくることはできません。
美肌になるための仕組みを知って、正しい化粧と正しいスキンケアを身に付けよう。

■3つの構造とは

①角質層(外の刺激からお肌を守る)

肌にある表面の薄い層で表皮が死んで上がってきたもの。外の刺激から肌を守り内部の水分が外に出るのを抑えている。

②表皮(肌の水分量が大切)

肌にある水分は65%ほどが含まれ、肌の潤いを保つ役割。下の基低層ににはシミの原因になるメラニンを作る場所がある。

③真皮(肌の弾力やハリを維持)

肌の弾力を保つコラーゲンはエラスチンと言われる綿維で支えています。その周りにあるヒアルロン酸はお肌の水分を保ちます。

年齢で別でみる肌質とスキンケア

年齢と共に肌の状態は変化していきます。
ずっと同じケアを行っても年齢による肌の変化には対応できません。年代ごとの肌質を知り、どのようなスキンケアが良いのか覚えていきましょう。

20代前半まで

ハリと潤いがあるツヤツヤ美肌
10~20代前半までは肌のコラーゲン、水分量ともに充実。ニキビ以外の肌のトラブルはありません。

・主な肌トラブル:そばかす、ニキビ

20代後半

毛穴がたるみ、肌の老化初期症状が出始める。
「前はメイクを落とさずに寝ても大丈夫だったけど・・・」肌の変化に気付き始める時期。肌が少しずつ老化現象?と徐々に実感する

・主な肌トラブル:そばかす、小じわ、乾燥、クマ、薄いシミ、大人のニキビ、毛穴のたるみ

30代

くすみや乾燥が・・・お肌の老化が進む年齢
スキンケアをさぼると肌の老化が急激に進行する年代。コラーゲンの弾力がみるみる失っていく、くすみやしわも出てきます。

・主な肌トラブル:毛穴のたるみ、小じわ、クマ、眉間のしわ、シミ、ほうれいせん、くすみ、乾燥

40代~

年齢を実感させるたるみが目立つように!さらにしわも!
肌が一気に衰える年齢。コラーゲンが肌を支えることができないため、しわやたるみがくっきりとわかるようになります。しみも濃くなります。

・主な肌トラブル:顔全体のしわ、くすみ、クマ、乾燥、毛穴のたるみ

美肌を目指すための4つのポイント

1、【肌の水分】潤いのある美肌が大切

お肌の水分は、単純に化粧水をつければ大丈夫というものではありません。重要なことは水分を保持することなのです。その役割がセラミドなどの保湿成分です。

ハリと潤いのある肌をしっかりと保つには、この保湿成分を多く含んだ化粧品でケアすることが大切です。

2、【ターンオーバー】新しい細胞を再生させる

28日サイクルで角質層~表皮が生まれ変わっていることをターンオーバーといいます。しかし、このターンオーバーは年齢が進むにつれて速度が低下していきます。

特に40歳ごろでは40日サイクルになるほどに・・・歳を感じさせない美肌をを作るにはターンオーバーを促すスキンケアが重要です。

3、【エストロゲン】肌のつや、ハリの元となる

エストロゲンは女性ホルモンのひとつで肌のツヤとか水分量とコラーゲンを増やすホルモンです。20~30歳前半までがピークで、30歳後半では減少し始めます。

不規則な生活だと急激に減ってしまうので気を付けていきましょう。

4、【抗酸化力】加齢によるさびから肌を守る

老化は体の組織が酸化していくことです。体の中では常に「活性酸素」が発生し増えることが老化を進める原因となります。

酸化が進むと肌がもろくなるので、睡眠や食事は規則正しくなるよう生活に気を付け、酸化を防ぐようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。